FC2ブログ

ミタパープ会

ラオス・ビエンチャンにお住まいの日本人社会に暮らす方々の交流・情報交換の場を提供しています。

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
BLOGTOP » CATEGORY … イベント

Facebookへの移転のお知らせ

2020年1月よりミタパープ会の活動報告はFacebookへ移転します。
こちらのブログは当面残しますが、今後の更新はありません。

Facebookでは、ミタパープ会のページにて、これまでのブログと同じように活動報告を行うとともに、会員専用のグループを作成し、役員のみでなく会員みなさまがビエンチャンに暮らすうえでの有益な情報を発信・交換できる場を提供していく予定です。

新しいミタパープ会のFacebookページはこちらです。
https://www.facebook.com/mittapharbVientiane/

ミタパープ会に入会を希望される方は、以下のアドレスの+マークを@に変更してご連絡ください。
mittapharb+gmail.com

12月イベント 2019年忘年会

2019年も12月になりました。
今年は、ラオスにいても朝晩は「寒いなぁ」と感じます。

忘年会は、皆さんよくご存じ、何かと使い勝手のよい『Na-Dao』で開催しました。

********************
日時:12月12日(木)12時より
場所:レストラン・ナダオ
会費:100,000kip
参加者:11名+お子様3名
*********************

会場前

ラオス在住外国人に人気のナダオ、
増築に増築されて席数も増え、パーティールームもでき、
この日のランチは、ミタパープ会以外にも忘年会が行われていました。

くじ  *毎年恒例、席決めくじ引き!

前菜→メイン→デザートとお料理が続きます。
ランチは90分で、などと無粋なことは決して言われないラオス時間のランチタイムです。
皆さんゆっくりと、今年一年を振り返っての楽しい会話で盛り上がります。

20191229072539b81.jpeg
  *前菜は、ナダオ名物鴨のテリーヌ。(サラダやスープのチョイスもあり。)

今年、ミタ会役員は年初5人から、それぞれの事情により1人減り2人減り、3人に。
次期役員をお願いするパワーも微量微力で、あわや、来年はミタパープ会活動休止か?!
という状況になっていました。
長年続いてきたミタ会、活動休止は回避したいというご意見が多数上り、来年も活動を継続できることとなりました。
会員皆様のご協力、ありがとうございます。

20191229072608a0b.jpeg
  *メイン料理はビーフ、ポーク、チキン、ベジからのチョイスです。(写真はポーク)

ミタパープ会はこれまで、なんとはなく、女性グループとして活動がなされてきました。
しかし、設立時の名前の由来をたどると、特に性別や国籍にこだわりない活動をしていくために、
「友好」を意味する「ミタパープ」という名称となったということでした。

20191229072837753.jpeg
  *デザートは、クレームブリュレ、パッションフルーツのムース、シャーベットでした。

ラオスは他の東南アジア諸国に比べて情報量が少ないところです。
家族の赴任への同伴であったり、自身のお仕事であったり、理由はそれぞれですが、
ここラオスに住むことになって、未知の世界を知っていくために、ミタパープ会はお役に立てると思います。
性別や国籍にとらわれず、ラオス在住の日本語を解する皆さまの入会をお待ちしております。

10月イベント 安井清子さん講演会

10月のイベントは、長年ラオス の子供たちのために活動している安井清子さんの講演会でした。

201912171407357c4.jpeg


********************
日時:10月31日(木)10時より
場所:JICA会議室
会費:50,000kip
参加者:9名
*********************

安井さんの活動は、タイのラオス難民キャンプでモン族の子供達に絵本を見せ始めたことから始まりました。
最初は絵本を逆さに見たり後ろから見たりしていた子供達が、
7~8か月経った頃に、安井さんに絵本を持ってきて「お話しして」とモン語で言ってくれるようになりました。

201912171408225c8.jpeg


1年経った頃、安井さんは、文字のないモン族にも「おはなし」があることを知ります。
夜になると、モン族の話し上手なおじさんが「むか~しむかし~」と話してくれるのを、子供達がじーっと聞いていました。
その語りを本にしようと、安井さんはカセットテープに録音し、それをモン族の若い子達に書きおこしてもらいました。
そして、シェンクワンのモン族の村に図書館を作ったのです。
ビエンチャンから飛行機で30分+車で3時間。
わらの土、山の岩を割った石、森から切り出した木を使って、図書館を作りました。
建設作業は乾季のみしかできず、2年をかけて完成。
「王様になるな。家来になれ。」という言葉がモン族にあります。
その言葉の通り、安井さんも、材木を運んだそうです。
モン族の子供達は大きくなると家の畑仕事などを手伝うので、図書館へも来なくなってしまいます。
以前は、小学校では文字が読めないと進級できなかったのですが、
最近は進級させてしまうので、小学5年生くらいになっても文字が読めない子がいるそうです。

20191217140859cc3.jpeg


様々な社会の制度や街のインフラもが整い、発展しているラオスですが、
安井さんは、このような、モン族に代々伝わる昔からの民話も大切に残していきたいと思っているそうです。

5月イベント 足もみ健康セミナー

ピーマイ明け、今年は例年に比べて雨が遅くない?など話していましたが、
5月に入りようやく雨期らしい感じになってきました。
降るのか降らないのか?!どうなんだ??
そして突然ザバーッと土砂降り。

ミタ会5月のイベントは、ほぼ毎年開催の「足もみ」
福岡にある足もみ健康サロン「とび梅」の松嶋様に
今年も「足もみ健康セミナー」を開催していただきました。

*************************************
日時:5月8日(水)  10時00分より
場所:武道センター
会費:60000kip(教材費、会場費含む。)
参加者:8名
************************************

先生

身体の反射区は足裏に反映しています。
どこか調子が悪い、凝っているところがあれば、足裏のその反射区を刺激するとよい。
逆に、足裏に固いところがあれば、自覚はなくれても体のその部分に変調があるのではと疑う。

グッズ

足もみ健康セミナーは、今回で6回目になります。
多くの会員は、ラオスの滞在期間が2~3年なので、毎回参加者は変わりますが、
医療事情の遅れているラオスで、病院に行かないで済む、病気になりにくい身体にしたい、という思いが強い私たちです。

松嶋先生もそれを汲みとって、様々な角度から足つぼセルフケアを教えてくださいました。
足もみ棒の効果的な使い方、ツボの押し方、ほぐし方、などなど。
ラオスにはマッサージ店が星の数ほどありますが、
こういう、なんというか、繊細な配慮と高度な知識のあるフットマッサージを経験したことはないです。

そして、自分の足に触り、いたわり、そこから自分の身体に思いを寄せることが、
大切な大切なセルフケアなんだと、改めて感じたのでした。

全体

松嶋先生、ありがとうございました。またラオスに来てくださいね!

セミナー後は、時間のある会員と For Seasons の中華&ラオス料理店にて、感想と近況報告をしあいました。

3月イベント ホアイホン職業訓練センターワークショップ

例年に比べ、今年は暑くなるのが早い気がしませんか?
日本は満開の桜の季節だというのに、連日35~36℃で季節感が吹っ飛びます。

さて、3月のイベントは「ホアイホン職業訓練センター」での染色と織物の体験でした。
ホアイホンでのワークショップは、ミタ会イベントでも数年毎に実施しています。

*************************************
日時:3月28日(木) 9時30分より
場所:ホアイホン職業訓練センター
会費:120,000kip(材料費、指導料含む)
参加者:10名(染め3名、織り7名)
*************************************

染色。
シルクの無地のスカーフに、模様となる絞りを作り、染色液に浸します。
染色液に浸す・絞る、を繰り返し、または煮だしたりしながら、
布地に染色液をしっかりと染み込ませていきます。

20190415002741013.jpeg

織物。
織機はなんともシンプルなものです。
半日の作業で、コースターか、小さめのテーブルクロス的なものが完成します。
早々に来て、模様入りにトライする会員も。
模様部分は、センター職員がつきっきりでフォローしてくれました。

20190415003235e77.jpeg

ホアイホン職業訓練センターは、貧困や障害に苦しむ女性の職業訓練を目的として、1998年に設立されました。
設立初期は日本の支援のもとで整備が進められ、現在は自主運営されているとのことです。
教育機会の少ない女性たちに染色、織物、縫製技術の訓練を施し、ラオスの伝統工芸の維持育成を行っています。
ヴォンシパソン所長からも直接説明をいただきました。
現在、常態での訓練生はいないものの、年に何度かは、地方の女性たちを受け入れて、織物等の技術を教えているそうです。
また、現在12名いるという、プロの織子さんたちの仕事ぶりを見せていただきました。
こういう気の遠くなるような細かな手作業で、あの複雑なシンの布の模様がつくられていくのかと、
参加者の皆さん、驚嘆の連続でした。

20190415002938c2e.jpeg

終了後は、皆さんで街の中心部に移動し、Adessoにて、ランチ会となりました。
染物・織物、それぞれの感想に、変貌著しいラオスでの各種生活情報の交換など、話は尽きませんでした。


追記:たーてのいとはあーなたー♪……など、鼻歌を歌いたくなったのは私だけでしたか…?
20190415012549757.jpeg